文大統領の最低支持率40%が語ること

[社説]文大統領の最低支持率40%が語ること
登録:2019-09-21 02:29 修正:2019-09-21 09:20  ハンギョレ
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政支持率が、就任以来最低値の40%を記録した。韓国ギャラップが20日に発表した世論調査の結果によると、文大統領が「よくやっている」という肯定的な評価は40%、「うまくやっていない」という否定的な評価は53%だった。これは文大統領の大統領選挙での得票率41.1%を初めて下回ったもので、チョ・グク法務部長官任命問題による民意の離反が反映されたものとみられる。世論調査に一喜一憂することはないが、民意を正確に読み取り、国政引き締めの契機にすべきである。

 今回の調査で目立つのは、中道層と20代を中心に文大統領の支持層の一部が離脱する兆しを見せたことだ。3、40代を除いたすべての世代で否定的評価が高く、特に20代は肯定38%、否定47%だった。チョ・グク長官任命前の7月25日の調査では20代の肯定的な評価は52%だった。地域別でも、光州・全羅(肯定69%)を除く全地域で否定的評価が高かった。このような傾向が続けば政権3年目の国政運営に相当な支障が予想されるだけに、厳重な対応が必要と思われる。

 文大統領の側近で民主研究院長のヤン・ジョンチョル氏は、職員に宛てた手紙で、「重要なのは、その瞬間の世論調査や世論ではなく、事の是非に対する決断力だ」というトルーマン元大統領の言葉を引用した。原論的に正しい言葉だ。国家指導者は、その時その時の世論に一喜一憂することなく、国の将来のために必要ならば、粘り強く推し進めなければならない。しかし、その過程で国民と十分な意思疎通を行い、進む方向が間違っていないか常に点検することが肝要だ。さもないと、当初目標にしていた良い結果を得るのが難しくなる。

 チョ長官の任命をめぐる論議は、検察捜査とあいまって絶えず増幅している。明確な根拠もないままマスコミの報道が行き過ぎているという指摘は一理ある。しかし、検察の捜査結果が出るまで混乱と論争の拡大は避けがたいのが現実だ。このような時であればあるほど、大統領はぶれずに進みつつも、国民の声にはいっそう耳を傾けなければならない。

 北朝鮮の核問題、韓日対立、経済事情の悪化など国家的な難題が山積している。検察改革も絶体絶命の課題だ。各種の改革を推進するにあたって世論に縛られることはないが、成果を出そうと思えば広範な国民の支持を得ることが切実に求められる。特に人事問題では国民の目線に合わせることが非常に重要だ。国家的に非常に困難な状況であるだけに、文大統領には人事を含むすべての分野で国民とともに進む「コミュニケーションと知恵のリーダーシップ」を発揮することを望む。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/34423.html

 

 

文の両親は北鮮から戦時避難、失郷民といわれる。
貧しい環境から司法試験合格、当然故国統一を夢見る。
おそらく北の金一族を追放しなければ統一は成らず。

左翼ゆえ興亡は避けられない。
朝鮮の場合は悲惨な統一戦争を経る必要があるだろう。
民族の殺戮は古代からある。

北朝鮮のサイバー攻撃継続

北朝鮮サイバー攻撃継続 「脅威拡大」=韓国国防相
2019.09.20 14:55  聯合ニュース
【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は20日、同部とサイバー作戦司令部が開催した「2019国防サイバー安保カンファレンス」に出席し、あいさつの中で「今この瞬間もサイバー空間では北をはじめとする不特定の勢力による攻撃が続いており、サイバー安全保障に対する脅威が全方位に拡大している」と述べた。

鄭氏はサイバー安保への脅威が「超国家的かつ非軍事的な脅威としてさらに拡張している」との見方を示した。

 鄭氏が北朝鮮の仕業と推定される主なハッキング事件や北朝鮮サイバー攻撃の能力について公の場で取り上げたのはやや異例のことで注目されている。

 また、鄭氏は「北はサイバー戦力増強に向けて専門人材の育成、最新技術の研究・開発を続けているとみられる。2016年にわが軍は北の仕業と推定されるサイバー攻撃を受けた」と述べた。このサイバー攻撃は、16年に当時の韓民求(ハン・ミング)長官のパソコンをはじめ国防部のイントラネット北朝鮮と推定されるハッカーによって攻撃を受けた事件を指す。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190920002100882?section=politics/index

 


北からのサイバー攻撃は止まない。
防衛上の理由から当事者が真実を明かすことはない。
日本も相当の攻撃を受ける。
あちらのハッカーは訓練を受けたプロである。

サイバー部隊が世界中の銀行を襲撃。
多額のマネーが奪われる。
電子通貨もマネーの範疇に入る。
そのほか株式市場の市場操作により収益を上げる。

佳子さま ハンガリー大統領と懇談

佳子さま ハンガリー大統領と懇談 国会議事堂も訪問
2019年9月21日 5時42分  NHK
初めて外国を公式訪問している秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは、2つ目の訪問国となるハンガリーで大統領と懇談されました。
佳子さまは日本との外交関係樹立150周年を迎えるハンガリーに入り、現地時間の20日午後、首都ブダペストの大統領府を訪ねられました。

花の柄などがあしらわれた振り袖姿の佳子さまは、出迎えたアーデル大統領夫妻と握手を交わし、ブダペストの景色について尋ねられると「非常にきれいでした」とこたえられていました。

懇談の中ではアーデル大統領から、乳がんの手術を受けられた上皇后さまを見舞うことばが出て、佳子さまは「手術後はお元気な様子でした」とこたえられたということです。

このあと佳子さまは国会議事堂を訪れ、議長や、日本とハンガリーの友好に努める議員とそれぞれ懇談されました。

そして議事堂の中を見て回り、ハンガリーの国の成り立ちについて説明を受けたり、高さ96mのドームや柱に飾られた彫刻などをご覧になったりしていました。

佳子さまは現地時間の21日、外交関係樹立150周年を記念する夕食会に出席される予定です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190921/k10012092751000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_017

 


日韓関係は外交当局レベルではともかく話し合いできるまでにはなった。
あちらも排日ばかりでは話にならないと反省したか。
そこへ行くと皇室外交の力強さは特筆される。

下手な外交するより眞子さま、佳子さまに頼るのがよい。
ハンガリーといえば旧ソ連に抵抗、ハンガリー動乱で知られる。
膠着語母音調和ハンガリー語は日本語とは共通する。
偉大な欧州を継ぐ文明国がロシアごとき野蛮国に支配されるわけがない。

文在寅の反市場・反企業政策

韓国・文在寅、ここへきて「支持率低下」に追い詰められた本当のワケ
9/21(土) 7:01  現代ビジネス
中央日報が批判したワケ
 こうした中、文在寅政権にとっての最悪のシナリオは曺国法相が逮捕されることである。

 文在寅大統領は、曺国氏の任命が賭けであるとは認識していたと思うが、今の流れからすると検察は曺国氏の逮捕に至るまで徹底して捜査する動きであり、金融犯罪を捜査してきた特別チームも捜査に加え本腰で取り組んでいる。

 いずれ曺氏が取り調べを受け、逮捕される事態を想定して置かざる状況となっているが、文政権は何とか曺国氏を救うことに注力しているだけである。

 曺国氏に対する捜査が進むにつれ、文在寅氏への批判は強まっていくのではないか。それは支持率の一層の低下につながるのではないか。

 文在寅大統領は、秋夕連休後の9月17日に青瓦台で主宰した首席・補佐官会議で8月の雇用動向に関し、「過去最高の雇用率を記録しており、失業率も過去最低水準に下落した」「世界経済の不確実性の拡大と製造業の構造調整など厳しい環境の中で政府の積極的な雇用政策と財政政策が作り出した大切な成果」であり、「韓国経済は正しい方向に向かっている」との楽観論を展開した。

 しかし、こうした見解に対し中央日報は、大統領の認識は見たいことだけを見ることで生じた「確証偏向」だと批判している。

 就業者は増えたが、増えた45万人の中で60歳以上の高齢者が39万人、税金で高齢者のバイトを増やしただけである。30代、40代の就業者はむしろ23か月連続で減少している。良質の雇用とされる製造業就業者も17か月連続で減った。年初政府が掲げた2.6-2.7%の成長も難しくなっている。

 米中貿易紛争に日韓葛藤まで重なり、「デフレーションの恐怖」までちらついている。

冷え込む韓国経済
 韓国のシンクタンク韓国経済開発院(KDI)は、6か月連続で「対内外の需要が委縮して全般的に経済状況が不振と診断した。

 輸出は半導体と石油類を中心に9か月連続で前年比マイナスになっている。設備投資も今年に入り4.7%減少した。消費者心理指数まで92.5(8月)に下がり、家計の消費まで冷え込む兆候が見えている。

 先月の消費者物価は対前年比0.04%下落し、1965年以降初めてマイナスになった。

 こうした経済不振の最大の要因が、2年以上にわたり政府が推進してきた所得主導成長と勤労時間短縮、脱原発などの反市場・反企業政策だと言われる。

 所得主導成長は二極化の深刻化と雇用の減少という予期しない結果をもたらしている。

 しかし、文在寅氏は現在の経済状況が「経済体質転換過程の陣痛」「われわれの経済は全体的に成功に向かっている」「フェイクニュースで市場の不安をあおるべきではない」などと主張し、政策を変える動きは見せていない。今からでも現実をありのままに見つめることが不可欠だろう。

 KDIと韓銀は「成長潜在力を拡充するには経済全般の構造改革を通じて生産性を向上させる必要がある」と提言しているが、経済政策が分配政策中心の文政権はこれと逆行する政策を行ってきた。

 これを変えるには文大統領は思考を根本から改める必要があろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190921-00067337-gendaibiz-kr&p=2

 


金慶珠という東海大教授、彼女は西宮に子供のころ居住。
日本語も訛りはない。
社会言語学が専門。
曺国の発音は、ちょくく、が正しいという。

確かにハングルでは有気音と無気音があり彼女の見解は正しい。
彼女はあっちの方の欲望はなく独身という。
なかなか雄弁、政治的なことは適当、政治評論家としては評価は低い。
しかし日本ではああいいうタイプは少なく人気はある。

朝鮮人にはそれなりの終末観があり日本たたきは止む気配はない。
日本も終わりまで付き合わされひどい目に遭うかもしれない。
静かな無視はやむを得ないがこのまま永久には続かない。
手打ちの儀式が必要であろう。

佳子さま、オーストリアで国交150周年記念行事に出席

佳子さま、オーストリアで国交150周年記念行事に出席
2019年9月18日19時56分  朝日新聞 ウィーン=吉武祐
オーストリアを公式訪問中の秋篠宮家の佳子さまは17、18の両日、ウィーンで日本とオーストリアの国交樹立150周年を記念する行事に出席した。17日の記念レセプションで、オーストリアの国会議員らを前に、両国の交流促進に敬意を表し、友好継続を願うおことばを述べた。

佳子さまは「長年にわたり、音楽を志す多くの日本人が、オーストリアで学んできた」などと芸術交流に言及。今回、ウィーン少年合唱団ウィーン大学日本人学校などを訪ねており、「日本とオーストリアの絆を大事に考える方々とお話しできたのは、本当にうれしいことだった」と述べた。

 18日には、世界遺産シェーンブルン宮殿を訪れ、ガイドの案内で宮殿内を回った。敷地内の庭園群の一角にある日本庭園の改修お披露目式に出席した。

 この庭園は100年以上前に造られたが、手入れがされない時期が長期間続いた。1997年に専門家の調査で日本庭園であることがわかり、大規模修復で復活した。今回は国交樹立150周年を機に、竹垣などが改修された。費用は国土交通省の「海外日本庭園再生プロジェクト」の予算に加え、日本と縁がある地元の富豪からの寄付でまかなわれた。

 佳子さまは今回が初めての公式海外訪問。19日までオーストリアに滞在した後、もう一つの訪問国ハンガリーに向かう。(ウィーン=吉武祐)
https://www.asahi.com/articles/ASM9L4CYJM9LUHBI01K.html

 

 

オーストリアは欧州の由緒ある国家。
ウィーン会議自由主義が全欧州に蔓延。
同国皇太子ルドルフは自由にあこがれ父国王と対立。
貴族の娘と結婚。

謎であるがルドルフは愛人の一人と情死。
当時は貴族専門の娼婦や女優もおりほかにも愛人はいたようだ。
後世暗殺された説も出る。
当時はプロイセンがドイツ語圏を席巻。
情死に見せかけた暗殺だろうが確証はない。

埼玉小4遺棄 義理の父親「延長コードで絞めた」

埼玉小4遺棄 義理の父親「延長コードで絞めた」 自宅で殺害か
2019年9月20日 23:32  毎日新聞
さいたま市見沼区大谷の教職員住宅で市立小4年、進藤遼佑(りょうすけ)さん(9)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された義理の父親の無職、進藤悠介容疑者(32)が「赤白帽子をなくしたことを注意したら『本当の父親じゃないのに』と言われ、頭にきて首を絞めた」との趣旨の供述をしていることが20日、捜査関係者などへの取材で判明した。

 進藤容疑者は「延長コードで絞めた」とも供述しているといい、埼玉県警は自宅から延長コードを含む複数のひも状の物を押収。自宅で殺害したとみて、凶器の特定を進める。

 捜査関係者によると、進藤容疑者は教員である遼佑さんの母親(42)と今年春に結婚し、母親の連れ子だった遼佑さんと3人で暮らしていた。家族間のトラブルは把握されておらず、県警は、進藤容疑者が突発的に遼佑さんを襲った可能性があるとみている。

 県警によると、遼佑さんは17日午後4時ごろ帰宅したが、同6時ごろに母親が帰宅した際にはおらず、自宅にいた進藤容疑者は「英会話塾に行った」と説明した。しかし、午後8時過ぎに塾に行っていなかったことが分かり、母親が110番。18日午前0時40分ごろ、警察官が隣の空き室のメーターボックス内で遺体を発見した。

 また遼佑さんの靴は自宅の普段は置いていない場所にあり、塾用のリュックサックは遼佑さんとともにボックス内から見つかった。県警は、遼佑さんが塾に行ったように進藤容疑者が見せかけ、発覚を遅らせようとしたとみている。母親らと一緒に遼佑さんを捜すふりもしていたという。

 捜査関係者によると、進藤容疑者は県警の任意の聴取に対し、当初は「私はやっていない」などと事件への関与を否認していた。だが、19日になって遺棄への関与を認め、殺害についてもほのめかす供述を始めたという。
 県警は20日、進藤容疑者を送検した。【鈴木拓也、中川友希、平本絢子】
https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20190920k0000m040420000c/

 


この義理の父親は無職で遊び人風。
苦労知らずで生活感なし。
ちかごろこの種の犯罪が多い印象を受ける。

抵抗せずに父親に殺さる。
せめてもの親孝行か。
小4ならそれくらいの知恵は出る。

大学生ツイッターで自殺希望募る 

大学生ツイッターで自殺希望募る 「手伝う」と書き込み
2019年9月20日 22時29分  中日新聞
 東京・池袋のホテルで女性が殺害された事件で、大東文化大4年の北島瑞樹容疑者(22)=殺人の疑いで逮捕=が、ツイッターで自殺希望者を募るような投稿をしていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。「手伝う」などと書き込んでいたという。
 捜査関係者によると、死亡した荒木ひろみさん(36)とは「8月ごろからツイッターで連絡を取り始め、事件当日に初めて会った」と供述。「女性から殺害を頼まれた」との趣旨の話もしているという。
 2人の間でやりとりされたメッセージはどちらの携帯電話からも削除されており、警視庁池袋署捜査本部は動機の解明を慎重に進めている。
(共同)
https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019092001002474.html

 

 

大学では漢文学中国哲学を学んだであろう。
自殺希望者を募り人助けをしたつもりだろう。
前にも同じような事件あり、ずいぶん若い女性たちが殺さる。

自殺願望はだれしももつ。
この大学は建学精神として儒教を基本とした東洋思想教育を重視する。
こういう学生が出たことは大学にとっては反省材料であろう。