千島2島に地対艦ミサイル配備へ

千島2島に地対艦ミサイル配備へ ロ、北方領土防衛線が近く完成
9/2(月) 21:19  共同通信
 【ウラジオストク共同】ロシアが米国に対抗する核戦力の拠点とするオホーツク海への敵艦隊侵入を阻むため、北方領土と千島列島で進める2019年の軍備計画の概要が2日、判明した。

千島列島で二つの島への新型地対艦ミサイル「バスチオン」(射程300キロ以上)配備を明記しており、極東カムチャツカ半島から北海道に至る「防衛線」を射程に収める計画が近く完成する。共同通信がロシア当局の内部文書を入手した。

ロシアが実効支配する北方領土や千島列島を戦略的に重視し、実戦配備を急いでいる事実が裏付けられた。日ロ首脳会談を5日に控える中、平和条約交渉が一層難航する要因となりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000177-kyodonews-int

 


プーチン長門の料理屋に連れ込んで何したところですぐ効果が出るような話ではなかろう。
バスチオンを配備、米太平洋艦隊も近寄れず。
カムチャッカ半島から北海道に至る防衛線を射程に収める。